スポンサーサイト

  • 2018.07.25 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    第7回定例会 報告

    • 2018.07.25 Wednesday
    • 11:59

     

     

    農談会設立に向けた愛南町現地検討会 報告 

    • 2018.04.17 Tuesday
    • 12:19

     

     農談会設立に向けた愛南町現地検討会 報告 

    日時:平成30年4月15日(日)12:00

    場所:ホテルサンパール(愛南町御荘平城)

     

     南予地区での「農談会」設立に向け、会員の原田さん他、愛南町の柑橘生産者5名、「エヒメ農談会」5名により、現地検討会を行った。概要は以下の通り。

     

    1.開会あいさつ(正 副会長より「エヒメ農談会」の主旨、南予地区での農談会設立に向けた期待表明。事務局より「エヒメ農談会」これまでの取り組み等説明。)

     

     

    (エヒメ農談会メンバー)

    正金郎副会長、和家康治副会長、森茂喜、柴竜己、黒河安徳

     

    2.参加者

    (本日の参加者)

    原田達也(甘夏、愛南柑の生産者、「マルハラ・ファーム」園主、町会議員、愛媛県農業指導士)

    埜下征昭(愛南柑生産者、「フルーツ園ののした」代表、農林水産大臣賞受賞)

    浅岡洋司(「浅岡農園」・「御荘フルーツファーム」代表,甘夏生産者リーダー、来年法人化検討)

    山下  (吉田町在住、有機農業柑橘生産者、アボカド関心あり)

    宮谷  (みかん栽培に関心あり、今年から園地引継ぎ)

     

     

    3.課題検討(愛南町の農業とコミュニティの課題を浮き彫りに)

     ◎甘夏等加工(マーマレード)用原料は、ニーズあるが対応しきれていない。

      原因は、高齢化と鳥獣害被害。

    (鳥獣害について)

     ◎愛南の鳥獣害については、鹿食害が深刻。果実、葉、表皮の順に食害あり。

      吉田町含め、猪被害も深刻(イノブタとなって繁殖力増大)

     ◎鹿の駆除が追い付かない。年間5~600頭駆除しても被害甚大。無力感あり。

     

    鹿の食害を受けた愛南柑

     

    食害を受けていない愛南柑

     

    ◎地域全体で取り組まないと効果ないが全体対応できていない。

    ◎ワイヤーメッシュ(金網柵)の町補助あるが、設置は個人負担のため高齢化による設置作業がネック。

     

    (高齢化・労働力確保について)         

    ◎収穫労働について、29年度以降人手不足が深刻化。(29年頃から、土木予算等復活により人手不足が進行。地域に人が残っていない。)

    ◎愛南柑(河内晩柑)は、みかんと違って、収穫適期が短期間ではないため、一度に多くの人材投入のニーズはない。

    ◎収穫期間が、1月~5月いっぱい(ピークは3月まで)のため、大学生等学生の対応が難しい。(卒業、入学シーズンと重なる)

    ◎春先に収穫作業が集中するため、春先の農作業が疎かになっている。剪定できる専門労働者が求められている。(高知県内では、シルバー人材センターへの技術指導を行っている事例あり。松山市でも今年から実施。)

     

    樹齢40年のアボカドの古木(埜下さん宅)

    (今後の農業振興の方向性とまとめ)

     ◎夢のある農業のため、高単価の「いいもの」志向が現在のトレンド。だが、加工原料には安定的なニーズがあり、耕作放棄地の活用等により値域全体の取り組みにつながる「楽しい農業」構築への新たな方向性が提案できるのではないか。  

                        

     ◎深刻化する鳥獣害(特に鹿食害)について、町やJAでも実態を把握しきれていないのではないか。

    現状や実態調査に早急に取り組む必要があり、「農談会」としての今後の対応を検討したい。

     

     ◎愛南町の放任園活用にマーマレード専用園産地等の提案を行う。

    加工原料用に甘夏やレモンの省力栽培、産地化に向けた取り組み提案ができるのではないか。

     

    以  上

    2018/01/08 ミカン農談会 論点メモ

    • 2018.01.11 Thursday
    • 11:42

    JUGEMテーマ:農業・アグリビジネス

    平成30 1 10

    桐野 昭二

     

     

     

    <.論点>

     

    1.山本昌弘報告:産地の経営構造分析ー統計的概観

     

     ・経営耕地、販売金額(面積×単位収量×単価)別農家構成比率

     

     山本報告は、三ヶ日の優位を技術革新と規模拡大可能な園地市場とする。だが上掲式の単価(青島温州の時期と価格)を見落としてはならない。そこには、果物離れ・ミカン離れが進む市場の構造変化がある。「ミカンは三ヶ日に学べ」は、「木を見て森を見ず」ではないか。農産物市場論と労働・土地市場、ケインズ政策の不毛を如何に捉えるのか。

     

     戦前の農民層分解論、戦後の近代化・構造改革論は、規模の利益・比較優位の競争原理に立つ農政論で、「西欧的進歩史観」に依拠している。21世紀は、きんせい・近代からの技術文明・グローバル化が行き詰まった時代に入った。新自由主義もリベラルも、時代に対応できないことは2017年の衆院選に集約されている。

     

    2.清水重伯川上共撰長報告:共撰と農協共販

     

     この論議で、ミカン農家の収穫と庭先選別労働の実態を知り、「過労死」が思い浮かんだ。中でも、ミカン作の衰退、農家の減少と光センサー撰果体制の維持に、共撰の合併が検討されていると聞き、農家と農協の分断を打開する新たな仕組みの必要を痛感した。

     

    3.正金郎報告:「楽しいミカン経営」

     

    \汽皀妊襪瞭給は、11875円、時給は1484円である。大工さんの日給は、15000 円、職人の中では低かった記憶がある。

     

    ∪源叉蚕僂蓮∪郛綮挫呂鯒案に「適地適産」高品質志向の慣行農法。撰果・選別の見 直しは提起されているが、集散市場体系対応の産地共販を、生産と販売が楽しいミカ ン作に繋がる仕組みの再構築が求められているのでは?

     

    Bし算と余暇利用を、自然(土地)と農家(家族・集落)の個性を活かした「棲み分 けモデルに。

     

    ぁ嶇働力シェア−は、戦前から静岡と新潟で行われていた。

     

    サ抛は買い物か旅行という生活モデルは、過労死職場の働き方の反面で、ハレとケ、 日常が楽しく豊かでなくては。政府主導の人口減少対応と働き方改革に、地域住民が 如何に向き合うには、自由に個性を活かす日常の生活ー働き方と暮らし方の変革が必 要ではないか。

     

    4.和家康治報告:

     

     宇和青果農協の「赤箱」は、高品質・富裕層向けでなく、一般消費者向けを意図したブランドでした。この産地の個性を活かす共販の対応は、合併後のミカン共販の下で埋もれ形骸化していないだろうか。

     

     また、そこには東宇和農協の合併で、明浜共撰が旧宇和青果農協の共販と分断されたこと、また地域内でも無茶茶園との分断がある。この評価も色々論じられているが、有機農業の内実と未来が問われている。

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM